2016年07月

我が家のクーラー事情

田中唯カエルクラー


7月下旬になったのに我が家ではクーラーなし!干からびる!!無理だ!


どうしてこんな地獄のような状態になっているのかというと、今のクーラーがすでに15年以上使っている年季モノで買い替えを検討していたため、年末の大掃除のときに掃除をしていなかったから。


さすがに1年掃除していないクーラーをつけるのは、ためらわれる・・・。ホコリやダニが気になって、こんなに暑くてもクーラーをつけることができません。


主人には「どうしてそんな前から考えてたのに、今さらバタバタしてんの!!」と怒られました。私だって暇ちゃうわ!と言い返したかったですが、さすがにクーラーなしの夏は危険ですし、半年以上放置していたので、今回ばかりは私の失態です。


今回のケースで行くと、半年以上前からクーラーの買い替えが必要だったことは一目瞭然だったにも関わらず、まだ時間があると先延ばしにしてしまい、結局バタバタになってしまいました。


こういうことって、実はお金を準備するときにもよく当てはまるんじゃないかと思うんです。


例えば、子どもが産まれれば15~18年先に多額の教育費がかかる事は分かるし、今20歳の人は40~50年先に老後というイベントがくることは分かっています。


でも、多くの人は子どもが小学生高学年~中学生になって、高校大学の教育費準備に取り掛かりますし、40代後半~50代になって老後の資金準備に取り掛かります。


実はこれは、資産運用の最大の味方である「時間」をとても無駄にしていることになるんです。


先のことでも「今」何を準備すべきか見えているのなら、今すぐ行動しべきです!過去には遡れませんから。


私も今回の件を今後の教訓にしたいと思います。

挑戦してから泣け!!

田中唯駄々っ子

「できな~い!!」


これ、私が最近3歳の長男によく言う言葉です。

ズボンを履くのも「できな~い!!」
お皿のご飯をすくうのも「できな~い!」
何でもかんでも「できない!」って泣くもんだから、

ついつい「いい加減にしなさい!」という気持ちになってしまうんです。

「挑戦する前から泣かない!」
「泣いたら涙で前見えへんで!」

こう言うと、夫は「子どもやのに、それは分からんやろ~」と言うんですが、子どもでも大人でも関係ない! なぜなら、挑戦する前から「できない」とか「手伝って」とか言うのは、「努力しない」ことと同じだと、私は考えているからです。

「努力も才能」という人もいますが、私はそうは思いません。努力は、「できないことをできるようになりたい」「自分に欠けているものを補いたい」という気持ち次第でどうとでもなると思っているからです。

自分の子どもには「努力する」ことができる大人になって欲しい。だから、私は「できない」と泣いても手伝いません。挑戦して頑張ってそれでもできないときは、「よく頑張ったね」と言って一緒にやります。

今、私たちを取り巻くお金の世界はとても厳しくなっています。お金を預貯金で置いていても、利息は微々たるもの。また給料が爆発的に伸びるということもかなり稀です。そんな状況はほとんどの人が認識しているはずです。

それにもかかわらず、「お金がふえない」「将来不安だ」と言って、一方では「預貯金が安心だから」「リスクは冒せない」と言って何もしようとしない人がとても多いように感じます。

もし、今のお金事情が今後も続くのだとしたら、あなたの夢や目標は預貯金や保険で叶えられますか?

今こそ立ち止まって、よく考えて欲しいと思います。

記事検索
プロフィール

大学卒業後、大手保険会社のシステム会社に勤務。その後、結婚・出産を機に現在のFP事務所へ転職。

それまでは、将来のためにお金が必要だという事はなんとなくわかっていたものの、あまり真剣に考えてなかった私。でも、子供が生まれ、『この子を育てるためにいくら必要なのか』という命題にリアルに直面。

なんと大学までにかかる費用は約1500万! 我が家には2人のチビがいるので約3000万です!

現実をつきつけられて、「真剣にお金のことを考えなければいけない」と心を入れ替えました。

子育てに限らず、生きていく中でやはりお金は必要不可欠。なにか起きてから考えて対策を打つのでは遅すぎます。だから、常日頃から、お金に関するアンテナで情報や知識を受信することが大事なんですよ。

このブログは、みなさんの「お金アンテナ」で受信して共感して活かしてもらおうと、私が日々の生活や仕事の中で体験して学んだ「お金の知識」を綴って行こうと思って立ち上げました。

カテゴリ別アーカイブ

QRコード
QRコード