img_cutillust_l08

こんにちは、かいじゅうママです。


おいおい、あんた今さらですか?と思われても仕方ないタイトルですが、実は私事細かくちゃんと家計簿をつけた経験がありません。過去にも家計簿は何度かつけましたが、レシートのないもの(例えば自販機や切符など)までしっかり記録はしていなかった!!ごめんなさい。


今までは「ちょっと最近お金使いすぎかな?」と思ったときに、NEEDS(必要なもの)とWANTS(欲しいもの)をノートに付けて自分の使いすぎを自制していましたが、1ヶ月に家計全体でいくら使っているのかちゃんと把握していませんでした。


私が夫に家計簿をつけ始めたことを伝えると、「え、今さらそんなことしてるの??」とびっくり顔で返されてしまったのですが、実は、夫はエクセルで固定費を管理し、月の収支をおよそ把握していました。早く言ってよ!です(笑)。


しかし、自分でもちゃんと月の収支を把握したかったので私は私で家計簿アプリで管理を始めました。家計簿をつけて分かったことは、「家計簿をつけることは難しい」ということ。


たとえば、銀行引落などは記帳しないと分かりませんし、クレジットカードの引落などは引落日に記録するのか、はたまたクレカを使ったときに記録するのかなどとても迷ったものです。


あーでもない、こーでもないと悩みながら数ヶ月つけて分かったことは、多くの人は「家計簿をつけることに満足している」だけになっているのではないかということです。つけた家計簿を見直して無駄を省き、本当に節約に繋がっているのかな?と思うのです。


私も夫も子どもも積立投資と保険の積み立てで一定額を毎月蓄財しています。そのおかげで、余ったお金を使ってしまっても問題はないのですが、それでも家計簿をつけて「結構無駄遣いしてるな~」と感じました。


しかし、そう感じて財布の紐を硬くしても、余剰金を定期預金に振り替えているわけでもないためいずれ使ってなくなってしまうわけです(あくまで私の場合ですが)。


節約して浮いたお金をどうするのか。定期預金にするのか、投資に回すのか、保険を契約するのかまで考えて初めて家計簿をつける意義が出ると思います。


みなさんも、家計簿をつけるときは「家計簿をつけて満足」ではなく、「家計簿をつけて見直して、次にどうするのか」まで行動を取るよう意識するのはどうでしょうか。