ちょっとお休みしていました

田中唯TOP

みなさん、こんにちは。お久しぶりです。久々の更新です。
お待たせしてすみませんでした。

言い訳になってしまうんですけど、どうして年末が近づくとこうもやることが増えるんでしょうかね。いや、自分の気持ちが焦っているだけで仕事量は増えていないのかな・・・(笑)。
 

どちらにしても、ブログを書く時間がどうしてもなくて、しばらくお休みしていました。ごめんなさい。
 
 
田中唯保育園誕生日会001
さて、先日保育園のお誕生日会で、久々に冬服の制服を着た長男。ブラウスを見て「これ女の子の服やん!!」と半ギレです(笑)。
「お~いつの間にそんな口達者になったんだ」と感心しました。

子どもたちが通う保育園の制服は、男女同じ服装です。ただ、ブラウスがちょっと女の子っぽいというか、ボタン部分がひらひらしているデザインなんです。

今はもう違和感なしですが、確かに初めてブラウスを見たときは「女の子っぽい制服」という印象でした。

長男も、無意識に「女の子」「男の子」を意識してるのか!と思いつつも、一体どこでそういうことを覚えてくるのか、とも思いました。

うちは長女長男ですが、長女に「女の子らしくしなさい」とも言わないし、長男に「男の子らしくしなさい」とも言いません。でも、保育園での集団生活や家での親の行動から、女の子と男の子を自覚していくんでしょうね。
 

そう考えると、私たちの認識や常識というのは、両親や周りの環境から形成されることが多いと思います。それが無意識に形成されるものだと、大人になってから意識や考えを変えるのはなかなか大変ですよね。

お金に関する認識や常識も同じだと思うんです。私たちの両親や祖父母の時代は、戦後の復興期、高度経済成長期。一生懸命真面目に働くことが当たり前であり、清くもあった時代です。

その時代を生きた先人を見てきた私たちは、無意識のうちにお金を貯めるふやすのは、働いて稼ぎ、稼ぎの一部を貯蓄へ、が正しい方法と思い込んでいます。

中には、疑問を感じて行動を起こす人もいますが、大多数の人が無意識に感じていることから抜け出せません。

時代は戦後でも経済成長期でもありません。私たちが認識しているお金の常識が果たしてこのままでいいのか、と少しでも意識して欲しいなと思います。

失われた20年で失ったもの

田中唯失われた20年
みなさんも一度は耳にしたことがある言葉「失われた20年」。
こう聞くと、暗い気持ちになるのは私だけではないと思います。

バブルが弾けて、日本経済が低迷して早20余年。民主党政権時に8000円台だった日経平均は1万5~6000円台に回復したものの、バブル時の3万8000円台には程遠いです。

昨年末の2万円台も、そのまま伸びを見せることなく1万9000円、1万8000円とどんどん下落してしまったのは記憶に新しいと思います。最近は、日経平均は1万5~6000円台でうろうろが定番化しているような感じですよね。

こういう話を聞くとほんっとに「日本ってダメやん!」という印象を受けると思うんですが、視点を少し変えてみると、40代前半より若い現役世代の人は、今の現状がむしろ「普通」じゃありませんか?

お金を銀行や郵便局に預けていても利息がそれほど付かない。多くの人は勤続年数が長くなっても、それほど給与はふえない。一方、私たちの父母・祖父母は預金金利が6%~9%あり、日本高度経済成長期で年功序列もあり、給与はどんどん伸びました。

そりゃ、お金の環境がこんなに変化してしまったら「失われた20年」なんてネーミングが付いても仕方ないかもしれません。

しかし、40代前半より若い世代はそんな恵まれた環境を知りません。自分たちが一生懸命働いて、生活している環境が、「失われた20年」なんて言われると、私は何だか自分たちの世代はだめなんだ、と言われているように感じます。

私は、20年間という長い月日が本当に失われているなら、日本という国自体が貧困に陥って、どんどん企業が倒産しているんじゃないかと思うんです。だって、20年ですよ。オギャーと生まれた赤ちゃんが大学生になるんですよ。そんな長い月日が失われているのに、日本はデフォルト(破産)していないし、多くの人の生活は豊かです。

失われた20年の間、日本の企業は成長できたし海外進出もしています。新しい企業だってたくさん起業されました。それってとても「日本は力強い」という印象を受けませんか?

物事にはいい面・悪い面が必ずあります。「失われた20年」も言葉通り捉えると暗くなるかもしれませんが、「日本は実は結構地力があるんじゃない」と考えると気持ちが明るくなりますね。

「まだまだ日本だって捨てたもんじゃない!」 ポジティブな私は、そんなふうに受け取っています。

億単位のお金が必要だ

田中お金

先日、子どもを寝かせた後、夫と語り合いました。一体何をって?
もちろん「お か ね」についてです!!

今まで二人で話し合っていはいましたが、それは漠然とした話ばかりで、具体性を欠いていました。今回は違います。いつまでにいくら貯めるか、今から何年後に何を達成するのかなど、数字を出して話し合いました。

私たちが最低限確保したいと思っている資金は、「子どもの教育費」「マイホーム」「老後」です。いわゆる、三大資金というやつ。ありきたりの目標かもしれませんが、数十万円とか数百万円という単位ではないということは、想像するに難しくないと思います。

必要なお金は億単位。こんな金額、1年や2年では絶対無理!!だからこそ、計画立てて時間をかけて準備する必要があるんです。

私たち夫婦が具体的にどんな話をしたか。例えば、教育費は高校からか大学からか。高校から私立に行けば、一人1000万円近くは必要になるなとか。

家は、お姉ちゃんが中学に上がる頃を想定するなら約8年後。当初は子どもたちが独立したら購入しようと話していましたが、うちは異性のきょうだいなので、やはり思春期に同じ部屋は嫌がるかなぁと。私たちの場合は、最短で購入すると想定して話し合いました。

家の場所や、マンションか戸建てかなども話したし、実際物件の価格も調べて、このままの積立額で間に合うかなども話しました。

こういうお金を使うイベントを家族で話し合うというのは、一般的な家庭ではあまりないのかなと思います。というのも、家族であっても「お金」について話すのは、何となく気後れするというのが、普段お客様と接していて実際に感じられるからです。

でも、私が夫と一緒にこういう「お金」に関する話をするときは、とてもオープンだし、まったくいやらしいという感覚は起こりません。むしろ、働くモチベーションに繋がるし、夢が膨らんでとても楽しいという気持ちが大きいです。

生きていく上で「お金」は切っても切れない必要なもの。気後れする必要なんて全くないです。むしろ、しっかり将来の話し合いをして、いつどれくらいのお金が必要になるか、しっかり目標を持つべきと思います。

記事検索
プロフィール

大学卒業後、大手保険会社のシステム会社に勤務。その後、結婚・出産を機に現在のFP事務所へ転職。

それまでは、将来のためにお金が必要だという事はなんとなくわかっていたものの、あまり真剣に考えてなかった私。でも、子供が生まれ、『この子を育てるためにいくら必要なのか』という命題にリアルに直面。

なんと大学までにかかる費用は約1500万! 我が家には2人のチビがいるので約3000万です!

現実をつきつけられて、「真剣にお金のことを考えなければいけない」と心を入れ替えました。

子育てに限らず、生きていく中でやはりお金は必要不可欠。なにか起きてから考えて対策を打つのでは遅すぎます。だから、常日頃から、お金に関するアンテナで情報や知識を受信することが大事なんですよ。

このブログは、みなさんの「お金アンテナ」で受信して共感して活かしてもらおうと、私が日々の生活や仕事の中で体験して学んだ「お金の知識」を綴って行こうと思って立ち上げました。

カテゴリ別アーカイブ

QRコード
QRコード