不安を先送りするって不安じゃない?

図

どーも、かいじゅうママです。

みなさん、インフルエンザにはなっていませんか?

かいじゅうママ一家は、パパを除き、全員罹患りました~(笑)。
インフルエンザって結構感染力あるのね~(^^;
みなさんも、お気をつけください。

さて今日は、私がこの世界に入って営業に出始めて感じていたことと、最近になって感じ方が変わったことについてお話をします。

うちにご相談にいらっしゃるお客様は、多くの方が将来に何かしらの不安を抱えていらっしゃいます。

子どもの教育費をどうしたらいいのか? 
住宅は買えるのか? 
老後は年金だけで大丈夫なの?
などなど。

不安が存在するのには、将来の自分像が分からない、漠然としている、ということに一因があるように思います。私個人の場合ですが、将来がしっかり見えているときは「緊張」を感じることはあっても「不安」を感じることはあまりありません。だからといって、多くの方がそうとは限らないですけど・・・。

とにかく、ご相談に来られる多くの方は、先行き不安を抱えているということです。そこで、「保険商品や運用商品でこうやって対策を立てましょう!」とご提案をさせていただくのですが、半数近い方(特に20代の比較的若い世代)は「30年40年先なんてどうなっているか分からないから、検討します。」とおっしゃいます。

営業に出始めたときは、この「将来どうなっているか分からないから検討します」という言葉に対して、

「確かに私だって30年、40年、50年先どうなってるか分からないしなぁ・・・。不安だから商品買うのもちょっと不安を感じるよなぁ・・・」という考え方でした。つまり、お客様の感じ方は「仕方がない」と思っていたんです。

でも今は違います!
今、私がこの言葉に対してどう考えているのかというと、

「先がどうなっているか分からない」というのは、資産運用を始める始めないの判断材料にはならないということです。

お客様の多くは、不安があって何か対策を立てなきゃならん!と思っているからこそ、うちにご相談に来られるわけです。それなら、「先が分からないから、検討します」というのは、不安を先送りしているだけだと思うんです。

先が分からないからこそ、今からプラスのインカムを得られるように対策する。これが資産運用を始める理由の1つになると思うのです。

しかし、運用というのは多くの日本人にとって馴染みのないもの。不安はあるけど、やったことのないものに、お金を投じるほうがもっと不安。というのが、「先が分からないから、検討します」という言葉になって出てきているのではないかと思うわけです。

商品や運用に対して不安があれば、それは私たちがしっかりバックアップします!

それよりも、ご自身の先行き不安にどう対処すべきなのか、逃げずにしっかり向き合って欲しいと思います。

みんなへの問いかけ


田中唯お金が無い01

私がこのブログを始めてもうすこしで2年。このブログを始めたきっかけは、IFA(金融商品仲介業者)という仕事を通じて、少しでも多くの人にお金について考える機会を持って欲しかったからです。


このブログを読んだ方の中には、実際に資産運用に取り組んだ人もいれば、自分にはまだ関係ないと感じている人もいるかもしれません。


でも、お金の知識に限らず、多くの知識は知らないよりも知っているほうが「得する」機会が多くなるのは事実だと思います。


お金ってすごく大事ですよね。ないと生きていけません。ないと生きていけない、というのはちょっと大げさかもしれませんが、お金がなければ一生働き続ける必要はあります。


少なくとも、私は一生働き続けるのはゴメンです。


今の世の中は、なかなか給与が伸びにくく、またお金をふやすのにはやさしくない環境です(裏を返せばお金を借りるにはとても借り易い。なぜなら金利がほとんどゼロだからです)。


そんな状況が、これからずっと続いたらどうなると思いますか?今の貯蓄スピードで子どもの教育資金や自分の老後資金が準備できますか?


短期間でお金をふやす合法的でだれでも簡単にできる方法があるなら、今頃日本人は全員お金持ちです。でも、お金持ちはほんの一握り。


ということは、お金をふやすには短期間では無理だということです。時間は不可逆のものです。長い時間をかけてお金をふやすなら、今すぐ始めるほうが絶対にいいです。


だって、来年始めるよりも今始めるほうが、より長い時間を確保できるから。


みなさんに「あの時真剣にお金のことを考えとけばよかった」と後悔してほしくないです。だからこそ、今少し時間を取って、お金について考えてみてください。

この先ずっと預貯金派?

田中貯金


2017年最初のブログです。今年もよろしくお願いいたします!


2016年のブログは、「資産運用って楽しい!」と思えるような内容にしようと思っていましたが、やはり文章だけではなかなか難しいところがあるなぁ・・・と感じた1年でした。


このブログを書いているとき、お客様と話しているとき、多くの人は預貯金だけではお金がふえにくいと感じつつ、どうしてお金をふやすための別手段を考えないのか、と考えずにはいられないということが多くなりました。


みなさんは、銀行に記帳に行ったことはありますよね?そのとき、利息が入っていると思うんですが、それを見てどう感じますか?


・お金をふやすことはもう諦めている

・預貯金以外にお金をふやす手段を知らない

・預貯金がなくても働いているから大丈夫!

・今は生活できているから、将来のことはあまり考えていない

・金利はいずれ上がるだろうから、預貯金でも心配していない

・お金はふやしたいが投資は胡散臭い


通帳のお金がなかなかふえていないのを見ると、いろいろ感じることもあると思います。私自身、「お利息 16円って何だ!」って思いましたもん。16円であってもふえていることはふえていますが、16円では生活できませんから実質は「ふえていない」と同じことだと思います。


そういう不満を誰しも経験したことがあると思います。でも、多くの人はその不満を抱えたまま預貯金以外の手段を検討したり、持ったりはしていません。


日本は戦後~1990年ごろまで高度経済成長期であり、労働者の能力に関係なく給料が右肩に上がった時代でした。しかし、バブル崩壊後~今に至るまで、給与は横ばい、もしくは若干下がる傾向にあります。


またこの時代の預金金利は7~9%だったので、元本が約8~10年で2倍になる、という今から考えると夢のような時代でした。


もし、このまま給与が横ばいで推移し、かつ金利が0%台という状況が続いたら、果たして預貯金だけで生きていけるでしょうか?


子どもがいれば教育費の準備、家の購入資金、老後資金・・・。生きていくうえで大きなお金が必要になるときは絶対にきます。これらの資金を本当に預貯金だけで賄えるか、今一度向き合ってみてください。


記事検索
プロフィール

大学卒業後、大手保険会社のシステム会社に勤務。その後、結婚・出産を機に現在のFP事務所へ転職。

それまでは、将来のためにお金が必要だという事はなんとなくわかっていたものの、あまり真剣に考えてなかった私。でも、子供が生まれ、『この子を育てるためにいくら必要なのか』という命題にリアルに直面。

なんと大学までにかかる費用は約1500万! 我が家には2人のチビがいるので約3000万です!

現実をつきつけられて、「真剣にお金のことを考えなければいけない」と心を入れ替えました。

子育てに限らず、生きていく中でやはりお金は必要不可欠。なにか起きてから考えて対策を打つのでは遅すぎます。だから、常日頃から、お金に関するアンテナで情報や知識を受信することが大事なんですよ。

このブログは、みなさんの「お金アンテナ」で受信して共感して活かしてもらおうと、私が日々の生活や仕事の中で体験して学んだ「お金の知識」を綴って行こうと思って立ち上げました。

カテゴリ別アーカイブ

QRコード
QRコード